So-net無料ブログ作成
検索選択

富士山麓スミレ散策 【1】 [その他地域の山々]

 例年だと残雪の尾瀬入りなのですが、今年はスミレの花期が遅れてしまった影響もあり、ちょっとずらすことになりました。それで行って来たのは現地「なう」にも書きました富士山麓の河口湖、高原地帯です。 以前にも何度か来ましたが高尾山あたりでは見られないスミレが多いので結構好きなエリアです。時間が許せばもっと細かく散策したいのですが遠征ともなるとなかなかそうはいきません。 それでも、今回見たかったスミレはほぼ網羅したので出かけた甲斐がありました。しかしGW前半ということもあり観光客も多く、帰りのバスは渋滞に巻き込まれて帰宅が10時にもなってしまいました(^^;)

 怪しいスミレもみつかり、やはりこのエリアはとても興味深いと思います。 とりあえずスミレの写真を掲載します。

↓↓ まずは、秀麗富士山の写真から。 湖面が波立たなければ綺麗に映っていたでしょうね。河口湖付近からの富士山が一番綺麗だと思います。

IMGP3962a.jpg

↓↓ イブキスミレ。 今回見たかった3つのスミレのうちの1つです。 この清楚な色合いが好きです。 この個体はしっかり葉も広がりこんもりしている株で見事です。

IMGP3759a.jpg

↓↓ イブキスミレ。 ちょっと斜めからのお顔も品がありますね。 「息吹」ではなく伊吹山で最初に見つかったのでこの名前がついてます。

IMGP3772a.jpg

↓↓ 2つめが、キスミレです。 最初に降り立ったバス亭のすぐ近くには黄色い絨毯にみえるほど密集して咲いてました。今年は遅れていたので一斉に咲いたようです。いつまでもそこに居たかったですが、時間がないので先を急ぎました・・・。 ちなみにこの写真はバス停とは違う場所の群生地です。

IMGP4094a.jpg

↓↓ 1つの株から1輪か2輪咲かせますが同時に咲くことは少ないようです。交互に咲かせることで交配率を上げるためかもしれません。

IMGP4096a.jpg

↓↓ 3つめが、このトウカイスミレです。 ヒメミヤマスミレに似てますが花色が淡紫色なのが特徴です。とっても小さな花なので普通に歩いてるだけでは見逃します。咲いてる場所も局所的です。

IMGP3996a.jpg

↓↓ シコクスミレ。 四国愛媛県で見つかったのでこの名前が付いてます。地下茎で増えて群生するのですがここはあまり増えてませんでした、花付きが悪いのも特徴です。

IMGP4018a.jpg

↓↓ 日当たりの良い芝生に群生してましたが、「マンジュリカ」のようでそうでない・・・ 葉にかなり光沢感があるし葉の基部の翼が明瞭ではない。全体に毛が多い、距にまで荒毛がありました。「マンジュリカ」の地域差は幅広いので何ともいえないスミレです。

IMGP4117sa.jpg

↓↓ 怪しいといえば、これ。花の感じからオクタマスミレかと思うのですが、でもよく見ると葉は2種類出てます(^^;) 奥多摩ぽい単葉とエイザンぽい3葉・・・ 雑種ならどちらにも傾くと思うのですが・・・ ただこの近くでオクタマスミレ数株は見かけました。しかし花は終わってました。

IMGP3778a.jpg

↓↓ もうひとつ怪しいのがこれ。 ナガバノシコクスミレだと思います。 シコクスミレの近くに咲いて、すぐ近くにナガバノスミレサイシンも咲いてました。実際この両種の雑種はまれに見つかってますので可能性は高いです。

IMGP4022a.jpg

↓↓ もっと怪しいのがこれ。 いっけんオクタマスミレ? と思ったのですが、付近にヒナスミレはないです。でも近い種のトウカイスミレがありまして、写真上の小さい葉がトウカイスミレです。 もちろんエイザンスミレも近くにありますので、もしかしたら両者の雑種? 花がないのでなんともいえませんがまた来年確認しに行きたいと思ってますが咲かないで終わってしまうこともあるので微妙ですが、もし雑種なら前例は少ないと思います。

IMGP4045a.jpg

 

 


河口湖なう [その他地域の山々]

__.JPG今日はスミレを求めて河口湖に来ています。

暑いくらいの天気ですが桜が満開です。桜と富士山がいい感じでした。

目的のスミレも咲いてました。それは帰宅後にアップしたいと思います。



nice!(7)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

iPhone4s購入 [カメラ・撮影機材]

 今年7/22でauの800Mhz帯の携帯電話が使えなくなります。これまで5年に渡って使い込んできたマイ携帯がこれに該当してしまい、どうせ買うなら今をときめくスマホにしようと思ってましたが、欲しいスマホがまだまだ出そうにないし、アンドロイド系のスマホはいまひとつセキュリティが良くないということでiPhone4s(64GB/ブラックを購入しました。 実は800Mhz携帯からiPhone4sに機種変更すると10500円のキャッシュバックがあるというのも決めての一つです(^^;) さらにkyon2さんのiPhone4s購入にも触発されました。

Imgp3273a.jpg

 初めてのスマホで最初のうちは扱いにギクシャクしてましたが次第に慣れてメール打ちも何とかサクサクと出来るようになりました。

 山や野草散策で使えそうなアプリをダウンロードして遊んでいますが、なかなか楽しいです。 

 もっとも悩んだのが地図アプリです。 とりあえず2種類入れてみました。 下の写真【左】は皆さんお馴染みの昭文社の山と高原地図です。これが電子化されてます1エリア450円と紙版よりは安いです。GPSを使うことで現在地や歩いてきたルートなども表示可能です。これのメリットは慣れ親しんだ地図であることとルート時間や危険な箇所の表示、咲いてる花の名前とかの情報があることですね。 まだすべてのエリアは発売されてません。

 地図を見る「山と高原地図」のビューアは無料です。今なら高尾山系の地図が無料でついてきます。

 http://itunes.apple.com/jp/app/id504487370?mt=8

 写真【右】は、「FieldAccess【地形図ビューア】」です。PCで無料公開している「電子国土地形図」を見やすいように閲覧出来るアプリです。基本的に電子国土サイトにリアルタイムで接続するので電波が届くところでないと使えません。ただ、キャッシュ機能があるので事前に必要な地図部分をキャッシュして保存しておけば電波が届かないところでも普通に使えます。もちろんGPSで現在地やルート軌跡も表示出来ます。 また別に購入した数値地図も使うことも可能です。 ビューア自体は350円かかりますが、安価に使いたいときはこれでも良いかもしれません。 

 http://itunes.apple.com/jp/app/fieldaccess-de-xing-tubyua/id415582637?mt=8

Image2.jpg

↓↓ スミレ好きさん用には「スミレハンドブック」 1000円。 できたら、いがりまさしさんの「改訂増補日本のスミレ」も電子書籍化して欲しいです、ちょっとフィールドに持ってくには重たいので(^^;)

Imgp3270a.jpg

↓↓ 画面がブレブレですけど、星好きさんには「iステラ」 800円。 は重宝します。 画面を向けるだけでそこにどんな星座や恒星、惑星があるかを表示してくれます。 夜空が曇ってても想像して遊べます(^^;) 

Imgp3269a.jpg

とりあえず噂通りバッテリーの減りが早いので山歩きやコンセントが使えないお出かけには大容量の予備バッテリーは必須のようです。あと防水防滴ではないので、やはり何かケースが欲しいですね。

このままネット閲覧もサクサクなので楽しいツールになりそうです。


ちょっと奥多摩の山へ [高尾・陣馬・奥多摩]

 日曜日は午後から雨の予報、しかし気になったスミレがあったので雨を覚悟で奥多摩の山へ行ってきました。 雨は午後14時から降り出すというピンポイント予報でしたが、結果的にはほぼ的中~! 小雨に降られながら下山しました。

 目的のスミレは見つかりませんでしたが、尾根沿いにはマキノスミレ、フモトスミレ、アケボノスミレなどがポツポツですが今年初見のスミレが咲いていて出かけた功労はありました。 でも土曜日の奥高尾の後ですから流石にちょっと足が疲れてしまいました(^^;)

↓↓ マキノスミレ。 栄養状態が悪いのかかなり矮小で地べたに張り付いて撮影でした。

IMGP3690a.jpg

↓↓ フモトスミレ。 これもなかなか小さなスミレで登山道脇に咲いていても見逃してしまいます。

IMGP3593a.jpg

↓↓ フイリヒナスミレ。 ヒナスミレの葉は普通緑ですが、白い班のはいったものもあります。 この個体は花色がかなり濃かったです。

IMGP3628a.jpg

↓↓ エイザンスミレ。 普通はもうすこし淡い系のピンク色ですがこの個体はかなり濃いですね。

IMGP3625a.jpg

↓↓ アケボノスミレ。 花の方が先に出て咲くので地面から花だけ出ているように見えます。

IMGP3661a.jpg

↓↓ イワウチワ。 もう終わってるかと思いましたが、何とか咲いていました。

IMGP3644s.jpg

 


奥高尾野草散策 [高尾・陣馬・奥多摩]

 裏~奥高尾のスミレも最盛期になってきましたが、それと同時にいろんな花々が咲き出して野草ファンには堪らない季節となってきました。これから初夏にかけていろいろ咲き出すので面白くなります。 日影沢林道では十数人のグループがいくつか分かれて野草観察会などをやっていて賑やかでした。 こういう観察会も充実しているフィールドです。

 今回は歩いたルート上で見かけた花を掲載してみます。

↓↓ ヤマルリソウの色違いとエイザンスミレりコラボです。

IMGP3331a.jpg

↓↓ ヒトリシズカが出てきてました。 奥に見える紫色のはタチツボスミレです。

IMGP3501a.jpg

↓↓ フタバアオイ。 とっても撮影しにくい花ですが、思い切って真下から狙い+補正強めで撮影です。

IMGP3368a.jpg

↓↓ ミヤマハコベ。 野に咲くハコベよりちょっと花が大きいです。 花弁は5弁ですがそれぞれが裂けているので10弁に見えます。

IMGP3314a.jpg

↓↓ 左がムラサキケマン、右がミヤマキケマン。 時々白いのも見ますがあれもムラサキケマンです。

IMGP3436a.jpg

↓↓ ニリンソウはそろそろ終演です。 雨で半開きの姿もなかなか可愛いですね。しかもピンク。

IMGP3377a.jpg

↓↓ モミジイチゴ。 高尾界隈で見られる木イチゴの中では一番美味しいらしい。オレンジ色の実がなりますが確かに苦みもなく甘かったです。

IMGP3383a.jpg

↓↓ こちらはクサイチゴ。 こちらも甘くて美味しいそうです。 これは食べたことがないです。 かなり大きな花なので目立ちます。

IMGP3444a.jpg

↓↓ ヤマザクラ。 ソメイヨシノのように派手ではないですが、新緑萌える山肌に見える桜は綺麗です。 山道を歩いていると大きな大木があったりします。

IMGP3564a.jpg

↓↓ 一丁平のさくらが満開でした。ここのはヤマザクラや何種類か混じってるみたいですが集めて植えたものです。もう少し青空だと良かったのですが・・・ とりあえずこの方向からやたらに馬鹿騒ぎする声が響いてました(^^;)

IMGP3481a.jpg

 

 

 


奥高尾のスミレ [スミレ]

 この土日は天気が良くなくて日曜日は雨で1日使えそうなのは土曜日だけ、どこに行くか? 奥多摩か高尾か、山梨信州に遠征かと悩みましたが、結局近場の裏~奥高尾に行って来ました(^^;)  今回のお目当ては前回のときには見れなかったタカオスミレです。 日影沢林道では見頃でした。 城山まで歩きましたが基本的に同じスミレが咲いてますが全体的にはボリュームアップでした。ただ前日に雨が降ったので花が半開きになっているものが多くてちょっと残念でした。

 スミレのほかには稜線沿いの桜が咲きそろってましたが曇り空ではちょっと映えません。 野草もいろいろ出てきているので1日かけてのんびり歩くと面白いです。 難点は4月上旬より人が増えてますね(^^;)

 前回と同じスミレもありますが、見かけたスミレをずらっと掲載してみます。

↓↓ タカオスミレ。 タカオスミレの定義は葉の表全体が焦げ茶色です。斑になっているのは母種のヒカゲスミレの扱いになります。 あうに葉の裏は緑色。

IMGP3345a.jpg

↓↓ ヒカゲスミレ。 葉の表裏が緑色が基本形。 タカオスミレの母種です。 この写真は一部ですが周辺には沢山の個体がありました。

IMGP3421a.jpg

↓↓ マルバスミレの淡いピンク色バージョンです。時々見つかりますがこの淡い色がなかなか巧く出ないのですが曇ってる時の方が綺麗に出るようです。 白もイイですがピンク色は可愛いですね。

IMGP3352a.jpg

↓↓ こちらは普通のマルバスミレ。 図鑑では側弁に毛はほとんど無くあるものをヒゲケマルバスミレとよぶそうですが、高尾周辺で見られるものはほとんど毛があります。

IMGP3323a.jpg

↓↓ ニョイスミレ。 遅めに咲き出すスミレですがぽつぽつと咲き始めてました。

IMGP3438aa.jpg

↓↓ オカスミレ。 最盛期です。 白花のものをコボトケスミレといい小仏峠付近で見つかってます。

IMGP3490a.jpg

↓↓ エイザンスミレ。こちらも最盛期ですね。稜線沿いで特に多く見つかります。花色にはかなり変化があります。

IMGP3399s.jpg

↓↓ ヒナスミレ。典型的な花色ですが、白いのから濃いものまで様々です。こちらも最盛期でした。

IMGP3568a.jpg

↓↓ ナガバノスミレサイシン。 高尾山系では嫌と言うほどみます(^^;) これも花の色は変化かが多いですが、淡いものが基本でこの写真のような濃いものも多いです。

IMGP3557a.jpg

↓↓ ニオイタチツボミスレ。 yaeyamasumireさんからタチツボスミレとニオイタチツボスミレのマルバタチツボスミレではないかという同定を頂きましたので訂正します。 

IMGP3463a.jpg

↓↓ 最後は、タチツボスミレです。平地から山地まで環境適応力が強くどこでも見かけます。この写真のように大群落になることが多いです。花の色は変化が多いです。

IMGP3494a.jpg

次回は野草編です。

スミレ遠征したいですが、天気が悪いですね・・・ 土日祝日しか使えないサラリーマンには休日が雨なのは辛いところです。

 

 


白い尾瀬沼 【3】 [尾瀬]

 GW中にも雪はたまに降りますが、今回はかなり本格的に降ったおかげで残雪期独特のボコボコした雪面が綺麗に塗り替えられたように新雪が降り積もり、それがまたとても綺麗でした。 厳冬期の吹雪がやんだ朝の光景にはとても憧れていましたが、まさにそんな感じです。 もちろん本当の厳冬期の凄い雪には到底及びませんが、そんな光景を見ることが出来て本当にラッキーでした。

 残念なのはそれほど動き回ってないので同じような写真が増えてしまいましたが、それでも我々にとってこの真冬のような雪景色はとても貴重なものになったのは嬉しいの一言です。 

↓↓ 凹凸のほとんどない真っ白な大江湿原が眩しかったです。 汚れのない雪原を走り回りたい衝動でしたが撮影のために我慢しました(^^;) ウキーて感じなりますよね~

IMGP3153a.jpg

↓↓ ちょうどT字分岐のあたりからの写真です。大江川の橋も雪がかなり積もってるのがわかります。

IMGP3161a.jpg

↓↓ 少し動きのある写真が撮りたかったのもあり上流側にちょっと入ったところの大江川の縁まで行ってみました。どのくらいの積雪だろうか? 1.5mくらいかな~?

IMGP3179a.jpg

↓↓ カンバの丘のダケカンバにも雪が着いて樹氷になっていました。そこに朝日が差すとキラキラと輝いてとても綺麗です。

IMGP3140a.jpg

↓↓ 樹氷となったダケカンバと青空に浮かぶ三日月が印象的でした。

IMGP3170a.jpg

↓↓ 元長蔵の桟橋付近からの眺めです。 湖面がずいぶんと下がって水底が見えていました。

IMGP3238a.jpg

↓↓ ピーカンの青空と白い大江湿原。コントラストが美しすぎです! でも少し雲が欲しいかな~

IMGP3196a.jpg

↓↓ 記念写真的なこともやってみました(^^;) 人型はやらなかった・・・忘れてました・・・

Imgp8050a.jpg

↓↓ 三平峠へ登る斜面からの尾瀬沼俯瞰です。 GW中ならあちこち色が変わってますけど今日は白一色です。左上、森の向こうには会津駒ヶ岳が見えていました。

IMGP3270a.jpg

もう一日滞在出来れば尾瀬沼を横断したり、もう少し上に登って俯瞰したり出来たのですが、仕方ないですね。。。なによりこれだけの光景が見られただけでも贅沢ですよね~。

 


白い尾瀬沼 【2】 [尾瀬]

 戸倉や檜枝岐のピンポイント予報では雨の後、天気が急回復するような予報でした。まあ実際には雨ではなく雪でしたが、その予報通り18時ころには雪はやみ、次第に雲がきれました。残念ながら夕焼けは駄目でしたが、その後、雲がとれて20時ころには満天の星空になりました。 星空は翌朝まで続きます。

 まだ山小屋やビジターなど施設は閉館していて常夜灯すら点灯していないので、ほんとに尾瀬の自然のままの星空を堪能することが出来ました。僅かな常夜灯でも夜空には悪影響なのだというのが実感でした。 雪明かりと星明かりの素敵な夜を数時間にわたり撮影しながら楽しみました。

 一度寝て、3時過ぎに再び出てみると三日月が輝いていますが、その明かりにも負けず夏の星座となんと天の川まで見えていてびっくりでした。真冬のような雪の中の上にスラーと伸びる天の川が印象的です。 いろいろ撮った星写真から選りすぐりのを掲載します。

↓↓ 思い切って5分露出で撮影。ときおり夜霧がサーと漂って幻想的に写りました。 燧ヶ岳にガスが掛かったのが惜しいですね。 明るい星は金星です。 【PENTAX K7  DA14mmf2.8  ISO400  露出約5分】

IMGP2929a.jpg

↓↓ 三日月の灯りにも負けず夏の天の川が見えていました。さそり座やいて座、夏の星座が賑やかです。 【PENTAX K7  DA14mmf2.8  ISO800  露出30秒】

IMGP2945a.jpg

↓↓ 天頂付近には天の川を挟むように夏の大三角形が輝いてました。 右下は三日月。 【PENTAX K7  DA14mmf2.8  ISO800  露出30秒】

IMGP2947a.jpg

↓↓ 白い燧ヶ岳の真上には北斗七星が輝きます。 月明かりに照らされる新雪の光景を出来るだけ取り入れて撮影してみました。 ホワイトバランスオートで月明かりを撮ると何故かオレンジがかり見た目とは違うようになるので自然な感じにするために「蛍光灯」に設定してあります。 【PENTAX K7  DA14mmf2.8  ISO560  露出38秒】

IMGP2939a.jpg

↓↓ 次第に星たちは光を失い始め、夜空は白み始めます。 夜明けがもうそこまでやってきているのです。【PENTAX K7  SIGMA17-70mmf2.8-4 MACRO  ISO400  露出8秒】

IMGP2954a.jpg

 

そしてこのあと太陽が顔をだし高く昇ると、神々しい白い尾瀬沼が姿を現すのです・・・。

 

 

 


白い尾瀬沼 【1】 [尾瀬]

 今年の尾瀬が始まりました。 13日に戸倉~大清水線が開通したので、kyon2さんとともに今年初めての尾瀬沼に行って来ました。 

 土曜日の天気が悪かったのでギリギリまで迷ってましたが、日曜日は晴れ予報と言うことで思い切って出かけました。 当日は予報通りの雨ですが、小雨が降ったりやんだりでまあ本降りではないので大丈夫でしたが、雪はザクザクに腐っていてスノーシューなしではかなり潜ってしまいます。

 岩清水あたりで雨はみぞれにかわり、十二曲り上部に着く頃には完全に雪で、しかも本降り!! 三平峠付近は木々に雪がつき真冬の様相でした。 三平下からは真っ白に新雪に覆われた沼の上を進みました。でも吹雪状態で顔に当たると痛かったです(^^;) 

 雪は夕方まで降り続き、ぴたりとやむと、満天の星空が輝き、降ったばかりの雪が星明かりに照らされて幻想的でした。この時期にこんなにたっぷり雪がふるなんてほんとにラッキーです。そして迎えた朝は神々しいばかりの白い光景が展開され大興奮で撮影となりました。しかも貸し切り状態とは贅沢至極!! 憧れだった真冬の吹雪いた後の美しい光景を見ることが出来て雨の中を登った甲斐がありました。 まずは数枚の写真を掲載します。

↓↓ 土曜日は吹雪模様で真冬の厳しさの一端を味わえた感じです。 しかし夕方には雪もやみ雲が切れて晴れてきました。 そして翌日・・・ 【PENTAX K-7  SIGMA17-70mmMACRO】

IMGP2904a.jpg

↓↓ 夜明け前の静寂の時間帯です。 キーンと張りつめた気温は-8℃。 息をのむ美しさです。【PENTAX K-7 SIGMA17-70mmMACRO】

IMGP2966a.jpg

↓↓ 元長蔵からのいつもの風景も雪景色ですが、汚れた残雪を新雪が覆い滑らかになってます。【PENTAX K-7 SIGMA17-70mmMACRO】

IMGP2975a.jpg

↓↓ そして太陽が顔を出すとモルゲンロートが白い峰を染め上げます。 【PENTAX OPTIO W60】

Imgp8013a.jpg

↓↓ そしてそして輝くばかりの白い尾瀬沼が広がり、もう夢中でシャッターを切りました。 K7だけでも250枚くらい、コンデジでも200枚くらい。更に動画ですから、撮りすぎですよね(^^;) でもそれだけきれいだったのです。【PENTAX K-7 SIGMA17-70mmMACRO】

IMGP3091a.jpg

↓↓ 凍てついた気温で新雪がサラサラになり朝日でキラキラと輝きました。美しすぎます!! このきれいな雪原を維持したかったのですが、4人組パーティがここを横切って浅見湿原の方へ向かってしまいました・・・ まあ目的が違うのでしかたないのですが・・・。【PENTAX K-7 SIGMA17-70mmMACRO】

IMGP3104a.jpg

↓↓ 白い燧ヶ岳と輝く雪原。 本格的な雪解け前なので沼の水位は極端に下がっています。【PENTAX K-7 SIGMA17-70mmMACRO】

IMGP3119a.jpg

↓↓ べったりと新雪がのった燧ヶ岳が本当に神々しかったです!! 【PENTAX K-7 SIGMA17-70mmMACRO】

IMGP3110a.jpg

 今回、もう少し知り合いが来てるかと思ってましたが、まったく会いませんでした。 ほかの登山者さんはテント泊の4人組や日帰りスキーで来ていたご夫婦。帰り道では単独の男性(途中敗退)しかみかけませんでした。

いつものようにホームページの方で「速報画像」をアップしてあります。あまり動いてないので写真点数は少ないですがよかったらご覧ください。 http://www.tebamaru.jp/


D800試写 つづき [カメラ・撮影機材]

 今日は朝から初夏のような陽気でした。 お日様の元でD800の試写がしたかったので、再び貸してもらって仕事の合間に撮影してきました。 場所は会社と目の鼻の先にある神田明神です。

 今回は標準ズームだけを使っての試写です。隅々がちょっと甘いのですがまあそれほど悪くはないかな? D800は色の素性がとてもよいのでけっこう好きです。 いやいやちょっと欲しくなってしまいますね。 

 使用レンズ  NIKKOR 24-85mm f2.8-4D  ピクチャースタイル:標準  

↓↓ 神田明神の正門です。朱塗りがとても綺麗です。 F5.6  1/250  ISO100 

DSC_0158a.jpg

↓↓ 本殿です。 あちこちに狛犬が置かれてますが本殿前の狛犬が一番大きいです。 F8  1/250  ISO100

DSC_0153a.jpg

↓↓ この花はカイドウザクラのようです。 ピンク色の花弁に光が透過して綺麗でした 。F8  1/200  ISO100

DSC_0145a.jpg

↓↓ 人工の滝があります。ここにも狛犬が・・・ 水の流れを出すために絞り最小にしてスローシャッターです。  F22  1/15  ISO100 【クリックすると元画像を表示します。】

DSC_0151a.jpg

↓↓ ほとんど散ってしまった桜と中門。 F5.6  1/125  ISO100

DSC_0140a.jpg

↓↓ オオアラセイトウ。(shinさんに教えていただきました。)  F5.6  1/125  ISO100

DSC_0131a.jpg

↓↓ 神田明神の正門の裏側です。 F5.6  1/100  ISO100  【クリックすると元画像を表示します。】

DSC_0157a.jpg

 さすがに週末にはカメラは持って帰るので、試写はひとまず終わりかな~ 出来たら今度は夜景とか星とか撮ってみたいですけど、ちょっと無理かな~ 


メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。