So-net無料ブログ作成
検索選択
水中写真/魚 ブログトップ

海に潜ろう! 大島編 [水中写真/魚]

 水中写真特集の2回目です。 出羽島には兄弟島とも呼べる島がいくつかあります。その中でも一番大きな島が大島です。 大きな島で、その昔には人が住んだり石切場があったりしてましたが水源がなく人が住むには過酷なので今は無人島となっています。 その島の湾は絶好のダイビングと海水浴スポットとなってまして、人気です。 出羽島には砂浜はないのですがこの湾には綺麗な砂浜があります。 水深がけっこうあるのですがシュノーケリングでも十分に楽しめます。 出羽島ではあまり見ない珊瑚がたくさんあるのが魅力の一つです。

 湾の入り口付近の水深20mくらいのところに1000年珊瑚といわれるフカアナハマサンゴの塔があり高さが10mもあり全国のダイビングファンの間でも有名です。この珊瑚を主軸にしてダイビングのメッカとして関西圏では定着しています。 ダイビングの雑誌でも特集を組まれるほどです。 マリンダイビング 2012年7月号に「牟岐のダイビングスポット」の特集記事があります。

 というわけで、今回はその大島内湾で撮った水中写真です。

↓↓ 大島の内湾の風景です。 白砂が広がる砂浜があります。湾の中ですが水の透明度は抜群でとても綺麗です。

大島内湾a.jpg

↓↓ ダテハゼ。 テッポウエビが掘った穴に共生する不思議な行動をします。写真では撮れませんでしたが、時々テッポウエビが顔を出してました。つまりダテハゼがテッポウエビを守る変わりにエビは住処を与えているという共生関係なんです。

Imgp9433a.jpg

↓↓ ご存じ、クマノミです。 イソギンチャクにはなんのメリットもないのですが、イソギンチャクが毒を持っているのでクマノミはそこを隠れミノにしたりして住んでます。

Imgp9426a.jpg

↓↓ これは イラという魚です。 綺麗な色をして味のいいアマダイに似てますが、ベラの仲間です。漁師に云わせると美味しくないそうです。

Imgp9431a.jpg

↓↓ ハナカンザシ。 フジツボの仲間ですが、カラフルなカンザシのような触手を出してプランクトンを捕獲します。

Imgp9425a.jpg

↓↓ 大島内湾にはいろいろな珊瑚が見られます。これはヒダヒダに広がる珊瑚です。名前不明。結構大きな群体になります。 写真手前の茶色のも珊瑚の一種です。

Imgp9449a.jpg

↓↓ テーブル状に広がりますが細かく波打つサンゴです。

Imgp9452a.jpg

↓↓ 海底に広がる枝サンゴの一種です。ミドリイシサンゴかな? 昔はもっといっぱいありましたけど、盗掘するやからもいたりして少なくなってます。

Imgp9417a.jpg

↓↓ ソフトコーラルの一種だと思います。 そこにソラスズメダイが群れてました。

Imgp9414a.jpg


海に潜ろう! 出羽島編 [水中写真/魚]

 さて、今回と2回に分けて、水中写真特集です。 島生活では毎日のように海に潜ります。いわゆる海水浴ではなくシュノーケリングが海に行く目的です。ちょっと昔にはハニメックスという水中用のフィルムカメラを使ってましたがマクロ撮影とかは出来ず扱いづらかったですが、コンデジのまま水中写真が撮れるようになってとても便利になりました。

  1回目の今日は、出羽島沿岸で撮ったものです。シュノーケリング(素潜り)ですから潜れても精々5~6mです。でも息をとめてじっくり構えて撮影できるのは僕の場合3mくらいが適当です。掲載写真もほぼその水深で撮ってます。 カメラモードは完全お任せ。水中でいろいろ弄る余裕はないですからね(^^;) ただし、ピクチャーモードは水中モードになっているので青色の再現性が陸上とはちょっと違います。

↓↓ ソラスズメダイの群れです。 体長は3~5センチくらいで、観賞用の海水魚でも人気の魚です。こんなのがどこにでもいる海です。尻ヒレは地域差があり濃い黄色になるものもあります、ココのはかなり薄い黄色です。

Imgp9352a.jpg

↓↓  こちらはまだ小さいマアジの群れです。 スーパーとかで売られてるのは見ますが生きてるアジを見るのはなかなか無いと思います。

Imgp9368a.jpg

↓↓ オヤビッチャの幼魚。 背中の黄色いのと黒い筋がなんだか可愛らしいですね。 これも観賞魚では人気です。

IMGP9354s.jpg

↓↓ スズメダイ。 スズメダイ科の基本種みたいなやつです。背びれの最後尾の付け根あたりに白い班があります。

Imgp9387a.jpg

↓↓ タカベ。という魚です。体色が青く背中から尾びれにかけて黄色い線が入ります。写真では光線の具合が悪いのですが、間近で見るととても綺麗な色でした。

Imgp9381s.jpg

↓↓ これはエイの子供です。何というエイなのかちょっと不明ですが、ここより深いところの砂地にはもっと大きなエイもたまに見るのでそれの子供だと思います。大人のエイは大きいのでちょっとびっくりしますがこのくらいの大きさだと可愛いです。

Imgp9374a.jpg

↓↓ ハゼの仲間。 ハゼの仲間はかなり多くて個体差もあるのでわかりにくいです。

Imgp9358a.jpg

↓↓ 岩に付いている赤いのはソフトコーラルという珊瑚の仲間です。 隙間にいっぱいいる魚はネンブツダイの大群です。 昼間はこういう隙間とかにいて夜になると水面近くに上がってきてプランクトンなどを食べますが、夜釣りでは「エサ盗り」と云われて嫌がられてます(^^;)

Imgp9377a.jpg


水中写真/魚 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。